Job-Hub(ジョブハブ)

パソナグループが運営するエンジニア向けクラウドソーシングの求人サービスであるJob-Hub(ジョブハブ)。こちらの実績や案件数、サービス内容をまとめて紹介しています。

クラウドソーシングサービス「Job-Hub(ジョブハブ)」とは

ジョブハブ_HP画像

Job-Hub(ジョブハブ)は、人材派遣会社パソナグループの「パソナテック」が運営するフリーランス向けの求人サイトです。

システム開発やアプリ開発といったエンジニア向けの求人をはじめ、チラシやロゴ制作といったデザイナー、翻訳、ブログ記事作成、データ入力など、プロフェッショナルのクリエイターから専門スキルのない方まで、幅広い案件を扱っています。

クライアントは、大手企業から中小、個人事業主までさまざま。100万円を超えるような大規模案件から数万円ほどの小規模まであり、自分のスキルや経験にあわせて案件を選べます

フリーランスのエンジニア向け
求人情報サイトのランキングはこちら>>

フリーランスのエンジニア向け案件の一部

  • オンラインゲームの管理画面開発
  • レセコン(診療報酬計算)ソフトの設計
  • 電話受付・報告システムと管理画面のWebシステム開発
  • スマホアプリのWebアプリ化開発業務
  • スマホとレガシーシステム間の連携のI/F部分の新規機能の設計・開発・テスト

Job-Hub(ジョブハブ)のサービス内容

エンジニアなどの専門的なノウハウを持っている方には、「エキスパートタイプ」というサービスを提供しています。Job-Hubにプロフィール等を登録した後、キーワードやカテゴリーなど諸条件から仕事を検索。自分に適した仕事を見つけたら、提案内容や見積もりをクライアントに提出します。クライアントは、提案内容から信頼できるエンジニアを選び仕事を依頼するというのが基本的な流れです。

Job-Hubでの実績が多くなり信頼度が上がると、優先的に案件を案内されるようなシステムがあったり、契約から決済までネット上で管理できるなどのサービスも充実しています。その一方で、クライアント側からすると、他のクラウドソーシングサービスと比べて受注者の情報が見えづらいといった意見もあるようです。

Job-Hub(ジョブハブ)利用者からの口コミ評判

ネット上で見つけることはできませんでした。

PAGE TOP