PHP

PHPのスキルを持ったエンジニアやプログラマーを対象とした求人案件、仕事の内容、報酬の目安などをまとめています。また、PHPの求人に強いエージェントサービスや求人サイトについても紹介します。

PHPエンジニアやプログラマーの仕事内容

PHPは、ホームページ制作をはじめWeb系の開発現場においてもっとも標準的なプログラム言語です。

1995年に生まれた言語ですが、習得するのにそれほど難しいものではないことから、Webの誕生以来、爆発的に普及。今や20億を超えるWebサイト、200万台以上のサーバーに活用されています。

もちろん、Web系の求人にはPHPが使えることを求められる仕事が多数あります。

PHPエンジニアやプログラマーの報酬と将来性

上記の通り、PHPは多数のWebシステムで利用されており、保守やさらなる開発などもあるため、今後も安定して仕事があると予測されます

とはいえ、PHPの習得にはそれほど難しくないことから多くのエンジニアやプログラマーが使える言語です。ゆえに、単純にプログラムを書くだけの仕事なら報酬は安いでしょう。加えて最近では、オフショアなど海外へのアウトソースも進んでいます。

こうしたなか、求められるエンジニアやプログラマーになるには、さまざまな開発環境での実績があり、どんな現場でも開発が可能なスキルがあること。プラットフォーム(AWSやHerokuなど)やフレームワークにまで深く理解し、実績もあるエンジニア・プログラマーであれば、高報酬も期待できます。

フリーランスのPHPプログラマーの給与

フリーランスのPHPプログラマーの給与は、月40~90万ほどと言われていて、かなり幅が広いです。それぞれの持つ経験やスキルで違ってきますが、平均して月60万ほどになるでしょう。一般的な同年代のサラリーマンと比べても、高めの報酬ではないでしょうか。

他にも、仕事の契約期間の長さによって、金額の増減があります。1~2ヶ月と短い期間での契約報酬は、確実に案件を獲得してもらうよう考えてくれるため、通常より高めに設定。反対に半年間のプロジェクトであれば、その期間は決まった額の報酬を受け取れるという安心感があります。通常より安くても契約を受ける人が多くなるので、低くなりやすいという背景があるようです。

エージェントを活用しよう

エージェントの活用をすすめるポイントは、仕事の獲得までの道すじがはっきりしているところです。なぜなら、仕事の獲得から報酬の相談、確定申告の方法などを分かりやすく教えてくれるからです。エージェントが発注先との交渉や調整を行うことで、案件に集中して取り組むことができます。

また、確定申告はフリーランスでしたら避けては通れませんし、提出書類の作成にあたって非常に多くの労力と時間が必要です。期限に間に合わなければペナルティが課されるでしょう。相談できる場所があるのは、なんとも心強いものです。

PHPエンジニアやプログラマーにオススメの求人サービス

ギークスジョブ

PHPエンジニアやプログラマーにおすすめしたいのが、「ギークスジョブ」という求人情報サービス会社です。取り扱っている求人情報でもWeb系システムの案件は多く、自分のスキルに適した案件も見つかることでしょう。

ギークスジョブは高額案件が多いとして、フリーランスのエンジニアやプログラマーにも評判がありますし、登録後はキャリア相談の実施やエンジニア同士の交流会の開催、さらには手厚い福利厚生などがあることも利用者に好評です。

ギークスジョブの公式サイトはこちら>>

この記事の関連のページ

PAGE TOP