Objective-C

Objective-Cのスキルを持ったエンジニアやプログラマーの求人案件、仕事の内容、報酬の目安などをまとめています。また、Objective-Cの求人に強いエージェントサービスや求人サイトについても紹介します。

Objective-Cエンジニアやプログラマーの仕事内容

Objective-Cは、1980年代に登場したプログラム言語です。当初はマイナーな言語でしたが、これをメジャーにしたのは、スティーブ・ジョブズでしょう。現在、Mac OSやiOSに搭載されるアプリケーションにはObjective-Cが用いられており、iPhone用のアプリ開発にはObjective-Cの知識が必要です。

Objective-CはC言語との互換性があることから、Cを習得しているエンジニアやプログラマーにとっては習得しやすい言語だと思われます。

Objective-Cエンジニアやプログラマーの報酬と将来性

Objective-Cの求人情報をみると、そのほとんどがiOS向けのアプリケーション開発の仕事です。iPhoneの人気も依然として高いことから、今後も需要はあると考えられます。

一方、現状をみると求人需要に対してプログラマーの数が少ないようで、Objective-Cを習得しているエンジニアやプログラマーはとても人気。報酬もJavaやPHPのみのエンジニアと比べ高い傾向にあります。

ただし、iOS向けのアプリケーション開発以外では求人例がほとんどないため、長期的にみると市場動向を見極めていく必要もありそうです。

Objective-Cエンジニアやプログラマーにオススメの求人サービス

ギークスジョブ

フリーランスのエンジニアやプログラマー向けの求人情報を豊富に取り揃えているエージェント会社です。iOS向けのアプリケーション開発案件も数多く、Objective-Cエンジニアの求人情報も増えています。

また、Objective-Cなどのプログラム言語は独学で習得したのでちょっと不安…といったエンジニアのために、ギークスジョブではスキルアップを目的とした技術関連セミナーなど、無料で受けられるセミナーを定期的に開催しています。

フリーランスになってからも、さらなる技術を習得したいという方に適した環境がギークスジョブにはあります。

ギークスジョブの公式サイトはこちら>>

この記事の関連のページ

PAGE TOP