Android

Android開発の実績やスキルを持ったエンジニアやプログラマーを対象とした求人案件、仕事の内容、報酬の目安などをまとめています。また、Androidの求人に強いエージェントサービスや求人サイトについても紹介します。

Androidエンジニアやプログラマーの仕事内容

一般的に、Androidのアプリ開発に用いられる言語はJavaです。しかし、大規模なソフト開発などに使われるものと比べてプログラムの書き方や実行の仕方が違うため、Javaの知識があってもAndroidの開発ができない、というエンジニアやプログラマーも多いようです(逆に、Androidの開発でしかJavaを使ったことがないエンジニアには、Java標準のスタイルを知らない人も多いようです)。

ご存じの通り市場での需要も多いことから、Android開発経験のあるエンジニアやプログラマーのニーズは高まりつつあります

Androidエンジニアやプログラマーの報酬と将来性

急速に伸びている業界でもありますから、市場での需要は今後も右肩上がりだと予測されます。ただし、最近ではJava以外の言語で開発されるケースも増えつつあります。

代表的なものに、Kotlin(Swift)があります。現状では案件数は少ないものの、この言語を使えるエンジニアやプログラマーは希少価値ですから、Kotlinも習得していれば今後の仕事の幅が広がるだけでなく高額案件も期待できそうです。今後は、Android開発の言語がどのようになっていくのか注目したいところです。

Androidエンジニアやプログラマーにオススメの求人サービス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、プログラマー向けの案件やゲーム系の求人情報が多いことに特徴があるエージェント会社です。Androidのスマホアプリの開発などに興味がある方は、自分が希望する案件を任されるチャンスも高くなることでしょう。

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニアとクライアントとのマッチング率の高さも評判のひとつです。エンジニアのリピート率が9割以上という高さも、使いやすく手厚いサポートサービスを提供していることを示していると思います。

レバテックフリーランスの公式サイトはこちら>>

この記事の関連のページ

PAGE TOP