Java

Javaのスキルを持ったエンジニアやプログラマーの求人案件、仕事の内容、報酬の目安などをまとめています。また、Javaの求人に強いエージェントサービスや求人サイトについても紹介します。

Javaエンジニアやプログラマーの仕事内容

Javaは、エンジニアやプログラマーの世界でもっとも仕事の案件数が多いプログラム言語です。

事業会社のエンタープライズシステムに数多く使われているほか、組み込み系やAndroidアプリの開発現場、さらにはHTMLやJavaScriptとあわせてWebシステムの開発など、実に多様な現場で使用されています。

それゆえにJavaの求人件数も多く、フリーのエンジニアやプログラマーにとって必須スキルともいえるプログラム言語でしょう。

Javaエンジニアやプログラマーの報酬と将来性

そもそもJavaは、他の言語と比べればやさしく初心者向けの言語として開発された一面があります。とはいえ、独学で習得したスキルでは仕事の現場で通用しませんし、求人があっても報酬は安いものでしょう。

多くのエンジニアやプログラマーが使える言語ですから、高額報酬を期待できる人材は、より難易度の高い技術やJava以外の言語が使え、Javaをベースにしたアプリケーション開発実績がある人に限られてきます。

最近では、Web系やソーシャルゲーム系でJava開発が増えています。案件数は右肩上がりですし、今後もますます需要が伸びていく言語だと予測されます。

Javaエンジニアやプログラマーにオススメの求人サービス

ギークスジョブ

ギークスジョブは、フリーランスのエンジニアやプログラマー向けに求人情報を提供するエージェント会社です。

サイト掲載案件数は1,000件以上。このうち、Javaを必須スキルとする案件は数多く、大企業からベンチャーまで、Web系システムをメインにインフラ基盤、組込み・制御系など多様な求人情報を扱っています。

これだけ豊富な案件数を誇るギークスジョブであれば、自分のスキルに適した案件を紹介してくれるはず。

独立前のエンジニアやプログラマーに向けたセミナーなども開催していますので、フリーランスに興味のある方にはもってこいの求人情報サービスといえるでしょう。

ギークスジョブの公式サイトはこちら>>

この記事の関連のページ

PAGE TOP