会社員との違い

フリーランスで働くのと、会社員として働くのとでは何が違うのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを比較しました。

会社員のメリット・デメリット

毎日通勤して会社へ通って仕事をしていると気づきにくいことですが、会社員には様々なメリットがあります。

メリット

(1)安定した収入が得られる

会社員は会社組織に属し、その働き具合などから評価された給与をもらって仕事をしています。フリーランスのように高収入が見込めるケースは少ないでしょうが、それでも毎月決まった額の収入がある点で安心です。

(2)会社が守ってくれる

仮に仕事で失敗をしても上司や会社がカバーしてくれたり、困りごとがあれば相談にのってくれる仲間が身近にいるという点でメリット。また、個人的にローンを借りるときなど、会社員のほうが借りやすいといった点もあります。

(3)面倒な手続き関係も会社がしてくれる

年末調整など税金や保険料に関する手続きは、会社がやってくれますし、仮に営業とエンジニアなど専門部署が分かれている場合、契約関係は営業がやることでエンジニアはコア業務に徹することができます。

デメリット

(1)仕事を選べない

ある程度、自分のスキルやスケジュールなどを見越して仕事を割り振ってくれるでしょうが、基本的には与えられた業務をこなしていくのが会社員の宿命です。

(2)通勤がある

毎朝、混雑している通勤列車に乗って会社に行き、仕事で頑張った後は、また混雑している通勤列車で帰る…という繰り返しはデメリットなのかもしれません。

(3)給料に上限がある

給料は、会社によって上限を定めているところもあります。頑張って評価されたとしても、昇給で驚くほど高くなるということはフリーランスに比べれば少ないでしょう。

フリーランスのメリット・デメリット

縛られない自由な生活を送ることができるというイメージがありますが、それ以外にもフリーランスのメリットは多々あります。

メリット

(1)頑張った分だけ報酬が得られる

会社員と違い「1案件でいくら」という給料体系になりますので、案件をこなせばこなすほど稼げるので、頑張った分だけの見返りを感じやすい働き方でもあります。

(2)仕事が選べる

自分のスキルやスケジュールにあわせて仕事を選べます。作業をする時間も、納期さえ守れば自分の好きな時間や場所でやれるというのもメリットですし、お金の使い方も契約も、すべて自分で決められます。

(3)自分の時間をつくりやすい

スケジュールも自分で管理できますので、休日も自分の好きなときに取ることができます。また通勤がなくなれば、その時間の分を好きなことに使えるなど、自分の時間が取りやすくなるのもメリットでしょう。

デメリット

(1)収入の保証がない

仕事があれば稼げるフリーランス。逆に仕事がないと、会社員のように最低限の給料が確保されているわけではないので、安定収入が見込める立場ではありません。

(2)コア業務以外の業務が増える

フリーランスになると、仕事を探すところから契約、そしてコア業務、納品、サポートなど業務が増えるほか、税金や保険などの手続きも自分で行うことになります。

(3)責任が重くなる

仕事上の失敗は、すべて自分の責任になります。場合によっては信頼を失い、二度と取引をしてもらえないこともあるかもしれません。

PAGE TOP