ライバルに差をつける秘訣

会社員から独立してフリーランスとして成功している人は、どんなスタンスで仕事をしているのでしょうか。稼げるフリーランスになるために、知っておきたいポイントをまとめました。

人脈を広げることに努める

仕事を与えてくれるビジネスパートナーを多く持っている人が、フリーランスになって成功するのは明白です。会社員時代から人脈形成に注力していた人であればともかく、そうでない人は、少しずつでも人脈を広げていき、一人でも多くのパートナーを見つけていきましょう。もちろん、軌道に乗ってからも広げていくことが大切です。

異業種交流にも積極的に参加する

フリーランスになると、自分の仲間や同業の人との交流に興味がいき、いつしか情報や考え方が偏ってしまうきらいがあります。時には異業種との交流も必要。さまざまな情報を仕入れたり考え方を柔軟にさせるなど、いろいろなメリットがあります。

こうした場として最近増えているのが、「コワーキングスペース」という働き方。1つのフロアにさまざまな業種の人が集まって仕事をするスペースです。異業種の方と触れ合うことで、ビジネスチャンスが広がるかもしれません。

選ばれるフリーランスを目指す

専門性の高い仕事ができるとはいえ、同じ業務ができるライバルはたくさんいます。「あなたでなければ務まらない」とクライアントから言われるようなフリーランスを目指して、専門分野の腕をどんどん磨いていくことも重要です。

そのためには、日々の研究(勉強)、経験も必要でしょう。いろいろな仕事にチャレンジしていく好奇心も大切です。だからといって「何でもやります」と下手に出るのは禁物。与えられる仕事は専門性がなくても誰もができるものになってしまいます。

自己管理には細心の注意を

スケジュールやタスクの管理はもちろん、体調管理にも十分注意しましょう。自分の体調管理が不十分で代わりの人を探されるとなれば、それは自分の仕事を失うことになります。

スケジュール管理は、クラウドツールが便利。特に複数のプロジェクトを掛け持っている人なら、それぞれの進捗管理もスマートフォンなどでわかりやすく表示してくれて、フリーランスの強い味方となってくれます。

PAGE TOP