フリーランスに向いている人・向いていない人

フリーランスの仕事に向いている人、向いていない人の特徴をまとめました。

フリーランスの仕事に向いている人

どんな人がフリーランスで実力を発揮できるのでしょうか?

仕事好きな人

フリーランスになって成功する人は、一番に仕事が好きな人が多いです。勤務時間以外も、趣味の延長線上のように勉強や調査をしたり、いつでも仕事のことを考えている人は、フリーランスに向いていると言えます。

ON・OFFが関係ない人

フリーランスは、いつ仕事が舞い込んでくるかわからないという状況が続くわけですから、いつでも仕事モードになれるだけの対応力や自己管理力も必要でしょう。

責任感が強い人

仕事の失敗は、すべて自分自身にあります。責任感が強い人、または責任を持って仕事を進めることが好きな人はフリーランス向きです。

好奇心がある人

時には、自分があまり得意ではない仕事を引き受けなければならない状況に遭遇するかもしれません。そんなときでもポジティブにやってみようと好奇心を持てる人は向いています。

相手を尊重する人

フリーランスは基本的に請負です。自分の意見も大切ですが、相手(クライアント)が求めるものを的確に把握し、クライアントのために仕事をするという気持ちも大切です。

フリーランスの仕事に向いていない人

フリーランスとして働くよりも組織の一員として働くほうが向いている可能性があるタイプはこちら。

フリーランスになることだけにこだわっている人

フリーランスで成功している方の多くは、仕事の流れで「自分がフリーになってやるしかない」という状況になって独立したというアンケート結果があります。何事も流れが大切。何も考えずただ「フリーランスになりたい」という人は失敗するでしょう。

休みの日は絶対休む人

うまくスケジュール管理していても、休日に仕事をしなければならないこともフリーランスにはあります。ON・OFFの差が大きい人は、向いていない働き方なのです。

交渉力がない人

クライアントから無理な要望があっても「何でもやります!」と言ってしまう人は、仮に問題が発生した場合、無責任な人だと信頼を失います。できないことはできない(報酬も含め)、どうすればできるかを交渉することも時に必要です。

1人で仕事できない人

フリーランスになっても組織の一員として働くこともありますが、基本的には一人で仕事をするものです。コア業務はもちろん、時には営業をすることもあるでしょうし、自分一人で何でもこなせる力が求められます。

与えられた仕事だけしかしない人

フリーランスは大原則として、仕事は「与えられるもの」ではなく「自ら取ってくるもの」です。向上心と野心を持つ人でなければ、フリーランスでは成功しないのです。

PAGE TOP