年収の相場

フリーランスの気になる収入について調査しました。フリーエンジニアの年収や報酬についてまとめています。

フリーランスSEの年収の相場は?

フリーランスになって月の収入や年収が増えたという話はよく聞かれますが、果たしてどれくらいの報酬をもらっているのでしょうか。これについて、さまざまな機関や企業がその実態に迫った調査を行っています。

例えばフリーランスのシステムエンジニアの場合、報酬の相場は月60~90万円くらい、年収は600~800万円くらいだと言われています。もちろん、その人が持っている技術や専門分野、業界などによっても違います。多い人だと月100万円、年収1,200万円も稼ぐエンジニアもいます。

その一方で、年収400万円にも満たないエンジニアも多いようです。ちなみに、会社員のシステムエンジニアの場合、平均年収は590万円(厚生労働省・平成25年調べ)なので、独立したけど稼ぎが減ったという人がいるのも現実。フリーランスになれば、最低限保証される給料などありません。正直シビアな世界なのです。

フリーランス全般の報酬はどれくらい?

ひとくちにフリーランスといっても、その働き方はさまざま。自分で会社を立ち上げ従業員を雇っているオーナーもいれば、複数の会社と案件ごとに契約して一人で仕事をしている人、さらには会社員・公務員で副業をしている人もフリーランスに含まれることがあります。

こうした広義の意味でのフリーランスを対象に、2015年、クラウドソーシング事業で知られるランサーズという会社が、フリーランスで働く人全般の実態に迫った調査を行っています。

それによると、平均年収がもっとも高いのは、自営しているオーナーと会社員・公務員で副業をしているという人で平均年収は600万円。一方、一人で仕事をしているフリーランスは半数以上が年収400万円に満たないという調査結果が出ています。

独立したからといって、決して今より稼げる保証がないフリーランスの実態を表している結果です。所得差が大きいのはフリーランスの特徴で、その人の働き方次第といえるでしょう。

PAGE TOP