フリーランスとは

フリーランスとは、どのような立場で働いている人を指すのかを説明します。

自由な働き方で生計を立てる「フリーランス」とは

フリーランスとは、文字通り「働き方を自由にしている人」のことを指します。職業分類上は「個人事業主」または「自由業」になり、会社や団体などに属さず、自分のスキルやスケジュールを優先させながら仕事を探し、生計を立てている方のことです。

エンジニアを例に挙げると、会社員としていくつかの企業をわたり歩きながら、数々のプロジェクトをこなしていくうちに知識や経験、スキルを身につけ、ある程度自信がついたところで「独立」「起業」というかたちでフリーランスの道を進む方が多いです。

組織の一員として働くサラリーマンエンジニアからすれば、「働き方が自由」という環境は憧れの仕事かもしれません。

しかし、仕事があれば頑張っただけ稼げますが、仕事がなければ食いつなぐのもやっと…というフリーランスも少なくないのが現状。景気が悪いときにフリーランスとして独立した方が、結局仕事が見つからずサラリーマンに出戻りするというケースもあります。

また、フリーランスになると自分で仕事を探すことから始め、引き受ける際にはその都度自分で契約を結ぶ、といった営業の仕事も兼ねてやらねばなりませんし、年末調整(確定申告)も会社ではなく自分ですべて行うことになります。

会社員からフリーランスへと働き方を変える場合は、会社勤めをしていた時とは比べ物にならないほど、雑務が多くなることは覚悟しておかなければいけません。

フリーランスが多い職業とは

フリーランスとして成り立つ職業とは、専門性の高い仕事であること。エンジニア以外にもさまざまな業界でフリーランスとして活躍している方がいます。

有名なところでは、フリーのアナウンサーや芸能人などがその一例。もともとテレビ局などの会社員から独立し、プロダクションを自分で立ち上げ(または既存のプロダクションに属し)、自分が出演する番組が多ければ多いほど報酬も稼げます。

このほか、ジャーナリストやカメラマン、作家(ライター)、通訳・翻訳家、放送・映画・演劇業界のディレクター(監督・演出家)、デザイナー、ミュージシャンなど、クリエイターはフリーランスが多い傾向にあります。

会社からすると「請負」として雇う形になり、人手の足りない業務の手助けとなったり、自社にはないノウハウを蓄積できたりと、企業側にもさまざまなメリットをもたらしてくれるので、フリーランスが重宝されるのです。

PAGE TOP