稼げるフリーランスのエージェント&求人サイト徹底比較  » フリーランスで働くエンジニアの成功・失敗事例

フリーランスで働くエンジニアの成功・失敗事例

フリーランスのエンジニアに転身して成功した事例、失敗した事例を紹介します。

フリーランスで成功するエンジニア・失敗するエンジニアの違い

フリーランスに転身すれば、仕事も選べるようになるし年収もアップすると思っている会社員エンジニアの方も多いかもしれません。

もちろん独立してから常に仕事を抱え年収も大幅にアップしているような、フリーランスで成功しているエンジニアもたくさんいます。

その一方で、フリーランスになったものの仕事がない、最初は良かったが収入が伸び悩んでいるというエンジニアも少なくありません。なかには、また会社員に戻ったというフリーランス失敗例が結構あるのも現実です。

フリーランスで成功しているエンジニアと失敗してしまったエンジニアの違いはどこにあるのでしょうか?

例えば仕事を受注するとき。成功する人は、報酬や自分のスキルだけでなく、自分の目標や将来を考えながら仕事を選んでいる点が挙げられます。その仕事が自分を成長させるものでもあるのか、これからニーズが増えていく将来性のあるビジネスなのかといった先見の明をもって仕事を選んでいるのです。

「これは自分のスキルではできない」と選り好みをして断っていると、仕事を依頼されにくい状況をつくるだけですし、場合によってはクライアントからの信頼を失う原因にもなります。そのうえ、エンジニア業界は変化の早い業界でもありますから、現状で自分が有しているスキルだけに頼っていては先細りしていくことが明白です。

市場のニーズにあわせてスキルを高めていくには、今まで経験したことがない業界や分野での仕事にチャレンジしていくことも重要。そのためには、フリーランスのエンジニア向けのセミナーや懇親会などに積極的に参加するなどして情報を収集しましょう。これもフリーランス成功者の共通項でもあるのです。

PAGE TOP